白藤の滝/白藤の七滝(静岡県藤枝市)

白藤の滝

静岡県藤枝市北方(ふじえだしきたかた)白藤の滝/しらふじのたきです。
葉梨(はなし)の方です。
白藤の里から徒歩で15分、車で7分位のところにあります。
落差33mの白藤の滝までは、駐車場から10分。手軽に登山気分を味わえ、マイナスイオンをたっぷり浴びれます。周辺に7つ滝が点在しています。

白藤の滝へ行ってみました!

施設名 白藤の滝(白藤の七滝)
場所 静岡県藤枝市北方(ふじえだしきたかた)
アクセス ■車の場合
【上り】
国道1号バイパス藪田西IC
下りて交差点左折 約4Km【下り】
国道1号バイパス藪田東IC
下りて信号機側道を直進
次の信号機右折 約4Km
■電車・バスの場合
東海道新幹線 静岡駅より 東海道本線下り乗換
藤枝駅下車
藤枝駅北口バスターミナル 2番乗り場
葉梨線「西方・葉梨西北小学校方面」行 約30分
「三ツ石バス停」下車 徒歩約20分(駐車場まで)
撮影日 2018/04/21
(2018/04/26)
料金 無料
駐車場 無料10~15台位?
足元 駐車場は、土で、滝までは山道

地図:

白藤の滝へ行ってみました!(静岡県藤枝市)

静岡県藤枝市北方(ふじえだしきたかた)白藤の滝/しらふじのたきです。
葉梨(はなし)の方です。
(2018年4月21日(晴れ))

駐車場にも藤の花。
背が低い藤棚と、藤棚になってないものです。

白藤の滝の駐車場にある白藤
白藤の滝の駐車場にある白藤
白藤の滝の駐車場にある白藤
白藤の滝の駐車場にある白藤
その2
白藤の滝の駐車場にある白藤
白藤の滝の駐車場にある白藤
その3

山藤タイプの白藤でしょうか。
山藤は、花房が短くて、ずんぐりしてます。

駐車場から白藤の滝まで10分程とのことなので、軽い気持ちで行きましたら、なんとまあ、これは登山です。
すれ違う人の中にはスカートの人もいましたが、できれば運動靴で行きたいところです。

駐車場から、こんなにすぐに登山気分が楽しめるなんて感激です。
少し歩くと、川の流れで、すでに少し涼しめの風が流れていい気分。

最初は、竹やぶ。
おこないの滝(行者の滝/ぎょうじゃのたき)がすぐに見えてきました。

行いの滝(行者の滝)
行いの滝(行者の滝)

ほら。

 行いの滝(行者の滝)
行いの滝(行者の滝)

そこからも、山道です。

白藤の滝への山道
白藤の滝への山道

滝のある所は、不動明王さまがいらっしゃることが多いですね。

不動明王
不動明王

滑りやすいので要注意です。

鉄の橋
鉄の橋

塗装された橋を越え、

舗装された橋が見えました
舗装された橋が見えました

こんな岩場を行くと、

岩場
岩場

見えてきました。
「おおっ」って感じでした。

白藤の滝&弥勒の滝
白藤の滝&弥勒の滝

左側が弥勒の滝。

そして右が、白藤の滝。
高さ33m。

この辺りは、ぐっと涼しく、マイナスイオンがすごいです!

ベンチ辺りから見るのがいいと思いますが、キッズたちが滝壺の方へ行ってたので、私も行っちゃおうかなっと。

白藤の滝の滝壺へ
白藤の滝の滝壺へ

登山靴で来ればよかったな。
ちょっと怖いので、途中でやめました。

ところで、この岩、柱状節理の断面っぽいです。

岩すごい
岩すごい
柱状節理なの?教えてブラタモリ!

この日は、白藤の滝あたりは、藤の花がまだでしたが、5日後に見たら、咲いてました。滝あたりの白藤はすべて自生でしょうか。

白藤の滝あたりの藤
白藤の滝あたりの藤
(5日後、4/26撮影)
金瘡小草 (きらんそう)/地獄の窯の蓋
金瘡小草 (きらんそう)/地獄の窯の蓋

金瘡小草 (きらんそう)別名、地獄の釜の蓋(じごくのかまのふた)、がありました。
墓地などにあってお彼岸の頃、地面に蓋をするように生えているからとも、病気で死にそうな人を、万病に効くその優れた薬効で守ってくれる「地獄に蓋する」とも言われているようです。

ヒメウツギ(姫空木)
ヒメウツギ(姫空木)

後は、ヒメウツギ(姫空木)らしきものもありました。
園芸で植えている人もいますね。

ヒメウツギは、岩場で水があるところを好むといいます。
まさに、この滝のところは、岩場&水場なので、この山にふさわしい木があるのだなぁと思います。

白藤の七滝といいますが、今日は3滝で勘弁してやろう~。

ほとんどの人は、3滝で満足かと思いますが、制覇したい人は頑張って!

白藤の七滝の案内図
白藤の七滝の案内図
駐車場にありました。

点在しているのですが、
駐車場から「白藤の滝」は往復約18分。
「白藤の滝」から「雨乞いの滝(あまごい)」まで往復約41分。
「白藤の滝」から「与助の滝(よすけ)」まで往復約30分(上りがきつそう)。
「与助の滝」から「大滝(だいたき)/そり滝」、歩道未整備。時間不明。下の地図で見ると、遠そうですが…
「与助の滝」から「井の滝(いのたき)」まで往復約9分。

2時間くらいでしょうか。
低山なので夏は蛇・虫に気を付けてください。
水分補給と食料を忘れずにどうぞ。

周辺の地図
周辺の地図
駐車場にありました。

後は、葉梨神社から天王山に登れるみたいですね。
地図でみると、「葉梨神社」→「天王山」は、上り40分下り30分位かな~。
天王山コース自体は舗装された道も歩くコースで127分なんですね。
登山シーズンが終わって冬に暇なら行ってみようか…。

2018年5月5日はお祭りみたいです。

白藤滝祭り
白藤滝祭りチラシ